ブリュッセル便利帳

インドネシア人妻+子供2人と楽しむ生活

ベルギーで出産したら180万円かかった話

ベルギー ブリュッセル 出産費用 お金の話

 

「病院 請求書 画像 無料」の画像検索結果

 

これからベルギーで出産される日本人奥様は旦那さんと一度ユーロの残高を確認した方がいいです。

私は自分の予想が大きく外れて、金策に奔走することになりました・・・

このブログをお読みの妊婦の皆様、またはそれを支える男性には余計な心配を感じずに子育てを楽しんでいただきたく、私のケースで妊娠、出産のどんなことにお金がかかったのかを説明します。

 

ちなみにうちはベルギーの国民保険には入っておらず、海外旅行保険のため、100%自己負担した後に、保険会社に請求する流れです。

 

以前の記事で出産は病院代は4000ユーロぐらいだよー。なんて書いたのですが、驚くほど間違っていました。(すみません)

 

下記、それぞれにかかった費用

----------------------------------------------------

かかりつけ医(計6回) - €270

超音波・検査(計3回) - €315

産婦人科医検査(計3回) - €180

産婦人科医に紹介された作業療法士による妊婦マッサージ(計5回) - €175

血液検査費用(8回) - €350

Edith Cavellで出産のためにかかった費用(出産+3日間の個室入院) ー €5,660

 

小計 - €6,950

--------------------------------------------------

「高額請求」の画像検索結果

ここまでは私も想定の範囲内でした。

日本での出産よりは割高ですが、出産した病院の設備もサービスも満足のいくものだったので、特に問題はありません。

何より無痛分娩は最高だったと妻が言っていました。生まれる5分前まで外国の家族に自分の状況を実況中継していたぐらいです。

 

しかし、今回息子は予定日より1か月早く生まれてきてしまったので、未熟児(低体重児)でした。

そのため妻が退院した後も息子だけは3週間ほどNICU(新生児特定集中治療室)で入院となりました。

 

少し横道にそれますが、息子の入院中はなかなかハードでした。

毎日母乳を届ける妻、家で子供を見る私、お母さんに会いたいと号泣する娘。結構な地獄絵図でしたが、途中で私の母が日本から駆けつけてくれて私は仕事に復帰することができました。

こちらで出産される方は日本からサポートしていただける方を召喚することを強くお勧めします。もちろん夫婦2人だけで頑張られる方もたくさんいらっしゃると思いますが、サポートがあると圧倒的に安心感があります。(もちろん旦那さん側にもw)

 

さて、2月末に無事退院しましたが、3か月後の5月中旬のある日、忘れたころに病院から請求書が届きました。その額なんと€8,000 新生児の入院費って高いのですね。。。

 

あー。。。。。。ユーロ残高足りないや。無駄遣いしているつもりはないのですが、結構日本に送ってしまっていたのですよね。。。

 

やばいと思って日本の銀行から送金しようと考えたのですが、なんと私の使っているみずほ銀行ではインターネットでの外国送金はできないと。。。。。

請求書にはリマインドがきてから10日以内に支払わないと12%の延長金が追加されますって書かれているし。。。追徴金が10万円てやばいだろうと万事休す。

 

どうしようもなくなったので、社長に相談してお金貸してもらいましたw

 

まさかこちらに来て、お金が足りなくなるという事態に陥るとは思っていなかったので結構焦りました。

 

ということでうちのケースでかかった費用は

出産~退院で€6,950

息子の入院費€8,000

合計 €14,950 (約180万円)

となりました。

お金は事前に準備しておきましょう。