ブリュッセル便利帳

ブリュッセル便利帳

インドネシア人妻+子供2人と楽しむ生活

ベルギーから日本への海外送金はTransferwiseが超絶便利!

ベルギーから日本への海外送金はTransferWiseが超絶便利!!

 

「transferwise」の画像検索結果

 

2017年上半期まで、日本⇔ベルギー間の海外送金するときはING BANKから日本の口座のある、みずほ銀行に送っていたのですが、その時は手数料やら、為替やらでなんとなく損した気分になっていました。

たくさんの現金を空港で両替するよりは、レートがいいかなと思い使っておりましたが、この度最高のサービスを友達から教えてもらいました。

それがTransferWiseトランスファーワイズ)!!

システムの説明の前に、国際送金をした時の比較してみましょう。

-------------------------------------------------------------

ING BANK⇒みずほ銀行

当時の為替:1EUR=131.86円

 

結果:EUR3,000⇒390,080円

内訳:送金手数料 2,500円

   銀行為替 130.86円(発表されている為替よりも1円低い)

手数料合計:5,500円

 

 

ING BANK⇒TransferWiseみずほ銀行

2017年12月20日の為替:1EUR=134.09円

 

結果:EUR3,000⇒400,268円

内訳:送金手数料 2,002円

   為替 変化なし(公表されている為替をそのまま使います)

手数料合計:2,002円

-----------------------------------------------------------

なんとベルギーから日本に送金する場合、TransferWiseの方が半分以下!!63%お得!!これはすごい!!!!

 

さて、ではなぜ間に1社入っているのにこんなことが実現できるのかを説明します。

そもそもTransferWiseは為替両替に銀行をかませていないのです。

下記がその仕組みです。

「Transferwise 仕組み」の画像検索結果

要するに個人間の海外送金をマッチングすることで少ない手数料、Middle Rateの採用を実現しているのです。

僕が「ユーロを日本円に換えて送りたいなぁ」、と思っていたら、TransferWiseが日本で「日本円をユーロに換えて送りたいなぁ」と思っている人とマッチングしてくれるということです。

 

なんと今では100万人以上がこのサービスを使って送金しているそう。扱われている為替も50種類を超えます。(インドネシア ルピアもあります!!!)

 

ちなみにベルギーからインドネシアの銀行への送金も試しましたが、全く問題ありませんでした。

 

リスクについて 

まずTransferWiseはイギリス発祥のサービスですが、そのイギリスでFCA(Financial Conduct Authority)の認証を受けています。

そのためTransferWiseが倒産しても、ユーザーに資金は返金されます。

また現在100万人以上が月1000億円以上の取引を行っておりますが、私が試した限りマッチングできなかったり、送金ができなかったりしたことはありません。

もし、もしッ、何かトラブルが起こった場合はサポートセンターが電話で対応してくれます。(しかも日本にサポートセンターあり。最高か!!)

 

 

もう銀行いらないよね 

このサービスを使って、あー、もう銀行いらないなぁって思いました。あと銀行の役目は通貨を発行することですが、それも近い将来非中央集権型の仮想通貨に置き換わっていくと思います。

ということで、皆さんも是非TransferWiseを使って節約しちゃいましょう!!

 

下記TransferWiseリンク:

ネットでかんたんに海外送金 | TransferWiseで海外へ送金する

transferwise.com